<Little Hands Hawaii>日焼け止めのお話COLUMN Vol.3


陽射しがどんどん増していく夏に向けて、ハワイ生まれのオーガニックサンスクリーンをSWELLYにて取り扱い始めました。

「毎年、スイムウェアをビーチに連れてってくれる女の子がたくさんいるんだな〜」
「日焼け止めはみんなどうしてるのかな〜」
「どうせなら海に優しいものがいいな〜」って、想っていたのがきっかけです。


製品自体は、ハワイのとあるローカルファミリーから始まりました。
赤ちゃんが誕生したタイミングで、より自然、安全に使えるものはないかと自らリサーチや研究を重ね、ハンドメイドで始めたそう。



それも海に生息するサンゴ礁に害を与えない、天然成分のみで配合された素敵なアイテムなんです。

■ POINT

・生後6週間の赤ちゃんから使えるナチュラル成分
・8種類の天然成分のみで配合
・プラスチックフリーパッケージ
・サンゴを死滅させる原因となる紫外線吸収剤不使用

などと、パッケージのインクまで環境配慮されております。



なんといっても、テスクチャーの良さ。気になる白浮きもなく、すーっと馴染んでいく。ベースファンデーとしてもお使いいただけます。

14g ¥1,430 お試しミニサイズ

26g ¥3,300 スティックタイプ

96g ¥4,290 全身用大容量缶タイプ

3種類展開 / BEIGE,NATURAL 2色 

オススメとしては、1時間〜1時間半程度で塗り直しがより効果的です。



■ 続きは、豆知識として要チェック!


日焼け止めの成分では、「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」2種類の化学物質が紫外線吸収剤と呼ばれるもので、国内では「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」と表示されています。

近年では、ハワイ、パラオ、カリブ海などでこれらの成分が入る日焼け止めが禁止されました。国内ではまだまだ知られていないのが現状です。。

また、研究者たちにより、サンゴや生物たちにも入り込むため、人体にも影響を与えてしまう可能性が大きいそう。
(※なぜサンゴを守らなければいけないのか?の記事はこちらをチェック!)

今までは気にしてなかったけど、そもそも知らなかったけど、今日から変えてみよう!と思えた関心のある方は、ぜひ手持ちの日焼け止め成分をチェックしてみてください。
(※日焼け止めは開封後半年ほどで使い切るのが理想)


今年も陽射しに負けずに、SWELLYのスイムウェアと夏をエンジョイするガールズたちにお届けするオススメアイテムでした!


—— Little Hands Hawaii 日本総代理店のRomiさん
サンゴ保全活動をされている素敵な方です。詳しい情報はinstagramまで!
私たちもできることを少しずつ重ねていきましょう。